地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。
ホーム > 診療科のご案内 > 時に耳にするこんな話:耳鼻咽喉科編2

時に耳にするこんな話:耳鼻咽喉科編2

“時に耳にするこんな声”に答えながら、耳鼻咽喉科領域の現状 と 当科の特色 を書いてみました。

鼻のレーザー手術っていいらしいわよ

鼻のレーザー手術は、鼻づまりや鼻炎に対して有効な日帰り手術です。

しかし、鼻の治療はそれだけではありません。蓄膿症(副鼻腔炎)には内視鏡手術を行うようになり、20年前と比べれば飛躍的な医学の進歩です。

また、アレルギー性鼻炎の薬は、以前と比べて優秀な薬がいろいろと出てきました。

鼻血が出たらどうするの?

子供の頃からいくつかの俗説を聞いた事がありますが、一般的で理にかなった対処法を並べてみます。これで、20分以上止まらなければ病院へ。

椅子やソファに座って楽な姿勢をとる

(寝転がるのは間違い。鼻を心臓より高い位置にして鼻部の血圧を下げるわけです。リラックスも血圧が下がる大きな要素。)

鼻翼(鼻の横に膨らんだ部分)を人差し指と親指で押さえる

(出血点の多くは鼻入り口からすぐの中央の壁だから。)

鼻を氷などで冷やす

(血管は冷却すると収縮して流れる血液は減ります。)

ノドに降りた血液ははき出す

(血液はたくさん飲むと気持ち悪くなります。)

喉頭ガンが心配です、咽頭ガンも心配です

確かに、まれにノドにガンができます。 有名人にも聞かれます。これらのガンの多くは、直接目で見て発見します。 当科では、数種のファイバースコープを使い分け積極的に観察、必要に応じて精密検査です。ところで、これらのガンの原因は多くがやっぱりタバコ。心配になる前に、ぜひ禁煙しましょう。

次へ  
このページの先頭へ戻る