地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。
ホーム > 診療科のご案内 > 時に耳にするこんな話:耳鼻咽喉科編3

時に耳にするこんな話:耳鼻咽喉科編3

“時に耳にするこんな声”に答えながら、耳鼻咽喉科領域の現状 と 当科の特色 を書いてみました。

何にもしていないのに顔が半分動かない!

これは、一大事。 ですが、決してめずらしい病気ではなく、顔面神経麻痺という病気です。

一日でも早く病院に来てください。治療開始の早さと内容が勝負です。そして、適切な治療ができれば8割の方は治ります。

耳の下が腫れているんですけど...

我々の最も得意とする所です。まずは、見せてください。専門医として、現代医学の可能性と限界を踏まえて、診断から治療まで行います。ただし、治療内容によって、大学病院やがんセンターでの治療が望ましいと判断したときは、その旨をお話してご紹介しています。

中耳炎の滲出性と真珠腫性って何?

滲出性中耳炎は、中耳にお水がたまる中耳炎で、痛みはなく“耳のつまったような感じ”がします。これは、主に中耳の気圧調節のしくみが上手に働かなくなると起こります。 一方、真珠腫性中耳炎は骨を壊しながら拡がるたちの悪い中耳炎です。通常、手術が必要です。これ以上の説明は、長くなるのでまたの機会にします。

これもまた、我々の得意とする所ですから、耳の心配事があれば早めに見せてください。我々は、いずれも通院治療から手術治療まで状況に応じて使い分けます。

風邪をひいたら内科、耳鼻科どっち?

鼻水や鼻づまり、のどの痛みが強いときは耳鼻科を、咳やたんが多いときは内科をおすすめします。インフルエンザの流行期で発熱があるときは、総合受付でその旨をお伝えください。

次へ  
このページの先頭へ戻る