地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。

外科

外科の特色と診断内容

特色

日本外科学会外科専門医制度修練指定施設、日本消化器外科学会専門医制度修練指定施設と認定されています。スタッフは各種学会に所属し、専門的医療 をめざしています。周辺医師会との病診連携を緊密にし、地域の急性期医療を受け持っています。

また、ほとんどの症例に対し、中堅以上のベテラン外科医が手術などの治療を直接行っています。

診療内容

消化器外科、内視鏡外科、乳腺外科、一般外科を対象にしています。各種癌疾患や急性膵炎、胆道炎などに対してはガイドラインに基づいた総合的な治療を行っています。

1. 消化器外科

食道、胃から大腸、肛門までの全消化管と、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などほぼすべての腹部臓器の外科治療と適応に応じて癌に対する全身化学療法を行っています。食道癌、肝癌の全国癌登録施設となっています。

2. 内視鏡外科

胆石症、総胆管結石症、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、胃癌、食道癌、肝癌、腸閉塞、潰瘍穿孔による腹膜炎、経腸捻転症(慢性便秘)、一部の肝腫瘍や膵腫瘍、副腎腫瘍、食道裂孔ヘルニア(逆流性食道炎)、食道アカラシア、尿膜管遺残に対しては腹腔鏡下手術も行っています。他、肺が部分的に破裂して発症する気胸や肺腫瘍(早期肺癌含む)に対しては胸腔鏡下手術を行っています。時に細径鉗子(直径2mmの手術器具)を用いたり、単孔式の手術でさらに術後疼痛の軽減や整容性に努めています。

3. 乳腺・内分泌外科

乳癌の一次検診、二次検診のほか、各種画像や組織診断による精密検査と診断を行っています。治療には、適応に応じて、手術(乳房温存切除と全乳房切除)を行い、全身化学療法も行っています。場合によっては病院間連携を利用した放射線治療も行っています。内分泌疾患に対しては、当院の内分泌内科専門医と連携して甲状腺腫瘍、副甲状腺腫瘍、副腎腫瘍などの手術も積極的に行っています。

乳がん診断のすすめ 乳がん検診の流れ

4. 一般外科

外傷の処置、体表の腫瘍(できもの)の摘出、炎症や膿瘍(はれもの)などの化膿の処置、痔の治療、ヘルニア(いわゆる脱腸)、下肢の静脈瘤に対して手術を行っています。

ヘルニア手術は、早期退院が可能な局所麻酔の手術や欧米で広まりつつある腹腔鏡下の修復術にも対応可能です。

外科 医師紹介

医師名 役職・卒業年 認定資格・所属学会等

加藤 健司

事業管理者
院 長
(昭和54年卒)
日本外科学会指導医、
日本消化器外科学会指導医

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会、
日本臨床外科学会、日本腹部救急医学会、
日本食道学会、日本胆道学会、
日本クリニカルパス学会

久納 孝夫

副院長
(昭和56年卒)
日本外科学会認定医・専門医、
日本消化器外科学会認定医、
日本乳癌学会認定医、麻酔科標榜医

所属学会:

日本食道学会、日本内視鏡外科学会、
日本肝胆膵外科学会、日本臨床外科学会、
東海外科学会評議員 他

尾上 重巳

診療局長
(昭和59年卒)
医学博士
日本外科学会専門医・指導医、
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会認定医・乳腺専門医
麻酔科標榜医

吉田 克嗣

部 長
(平成3年卒)
医学博士
日本外科学会認定医・専門医、
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医、
がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)、
消化器がん外科治療認定医(日本消化器外科学会)

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本大腸肛門病学会、
日本乳癌学会、日本臨床外科学会

外科安藤医師の写真安藤 公隆

部 長
(平成12年卒)

医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構
検診マンモグラフィ読影認定医

所属学会:
日本外科学会、日本消化器外科学会
日本乳癌学会、日本内視鏡外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本臨床外科学会、日本救急医学会
日本膵臓学会、日本胆道学会

林 友樹 医 長
(平成18年卒)
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読映認定医

所属学会:
日本外科学会 日本消化器外科学会
日本臨床外科学会 日本食道学会
日本肝胆膵外科学会 日本内視鏡外科学会
日本ヘルニア学会
このページの先頭へ戻る