地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。
ホーム > 診療科等のご案内 > 糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

トピックス

糖尿病・内分泌診療トピックス
骨粗鬆症外来開催について

世界糖尿病デーにあわせ、糖尿病予防啓発活動を開催しました。

糖尿病・内分泌内科について

内分泌・代謝疾患の領域は非常に広く、糖尿病、下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患、脂質異常症、代謝性骨疾患、肥満症などをカバーします。

この中でも、糖尿病、甲状腺疾患は非常に罹患率が高く、特に糖尿病は先頃の統計によれば、国民の960万人、予備軍まで含めると2050万人に昇ると推定され、まさに国民病という名にふさわしい疾患です。

また、甲状腺疾患の頻度も非常に高く、特に女性に多い病気です。 これらの疾患の予防、治療を専門的に行うべく、当院では以下のような体制で診療に あたっております。

糖尿病

糖尿病は、自覚症状少ないために、健診などで偶然発見されることが少なくありません。しかしながら、糖尿病と気づかずに何年も放置したり、あるいは治療をおろそかにすると、糖尿病特有の合併症を発症し、最悪の場合は、失明、人工透析、足壊疽などを起こしてきます。

また、糖尿病は動脈硬化も促進し、心筋梗塞、脳梗塞の危険因子でもあります。糖尿病は早期発見、早期治療、良好な血糖コントロールの維持が何よりも大切です。 このため、当院では、外来で糖尿病の治療にあたることはもとより、糖尿病教室、糖尿病教育入院といったプログラムを用意しております。

また、当院は日本糖尿病学会認定施設として、糖尿病診療担当者の養成に あたっています。

糖尿病教室

どなたでも受講可能です。
内容は、

  • 糖尿病について(糖尿病ってなに?合併症について)
  • 糖尿病と食事(私は何が食べられるの?)
  • 歯と眼の話(あなたの歯は大丈夫?眼にしのびよる糖尿病)
  • 糖尿病の日常生活(足の手入れとシックデイ、みんなで語ろう療養生活)
  • 薬と運動の話(インスリンと飲み薬、効果的な運動は?)

・・・などです。

開催日等の詳細は、当ホームページの教室案内または、広報いなざわをご覧下さい。

糖尿病教育入院

糖尿病専門病棟で指導に精通したスタッフが担当し、患者様 一人ひとりに、丁寧に正しい知識の習得と、生活習慣の見直しの お手伝いをさせていただきます。

入院日は、毎月第2週の水曜日から第3週の火曜日までの1週間です。 入院検査は、血液検査、検尿(尿蛋白、尿糖、尿中インスリン分泌量も含む)、 X線検査、心電図R-R間隔(自律神経障害の検査)、下肢知覚検査、 血圧脈波検査、腹部超音波、頸動脈エコー、眼底検査などです。

糖尿病と言われた人、糖尿病のコントロールの悪い人に、 是非教育入院をお勧めします。

甲状腺疾患

これも、日常診療では頻度が高く、疾患としては、ホルモンの病気としての、 バセドウ病(甲状腺亢進症)、橋本病(慢性甲状腺炎)及び甲状腺機能低下症などと、 腫瘍性疾患である甲状腺乳頭癌、濾胞癌、濾胞腺腫、腺腫様甲状腺腫などがあります。

上述の如く、女性に多い病気ですが、しばしば見逃されていることがあります。 病気の診断は、血液検査、甲状腺エコー、甲状腺吸引細胞診、甲状腺シンチグラフィー などで、簡単に行うことができます。 当院では、これら検査をすべて行うことができます。 また、当院ではバセドウ病に対してアイソトープによる治療も積極的に行っております。

頚のあたりが腫れてきた、ものすごく汗をかくようになった、体重がどんどん減っている、 心臓がドキドキする(甲状腺機能亢進症の症状)、寒がりになった、いつもからだがだるい、 からだがむくむようになった(甲状腺機能低下症の症状)などの症状があるときは、一度甲状腺の検査を受けてみましょう。その他、頻度は非常に少なくなりますが、内分泌疾患には、下垂体疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患があります。

これらの疾患も、当院では、専門医が、 各種ホルモン検査(負荷検査を含む)、エコーなどで的確に診断することができます。

癌、心筋梗塞、脳梗塞といったいわゆる死に至ることが多い病気は、意識されることが 多いのですが、内分泌疾患は直接の死因になることが少なく、そのため、 患者様が、我慢しすぎて、あとで重大な結果をもたらすことも少なくありません。 早期発見のための早期受診をお勧めします。

糖尿病・内分泌内科 医師紹介

医師名 役職・卒業年 認定資格・所属学会等

野村 由夫

部長
(平成4年卒)

医学博士
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医・評議員、
日本甲状腺学会専門医・評議員
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本骨粗鬆症学会認定医

所属学会:
日本内科学会、日本糖尿病学会、
日本内分泌学会代議員、日本甲状腺学会、
米国内分泌学会、日本静脈経腸栄養学会、
日本肥満学会、日本骨粗鬆症学会

 

竹藤 聖子

部長
(平成10年卒)
医学博士
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・評議員
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
日本骨粗鬆症学会認定医

所属学会:

日本内科学会、日本糖尿病学会、
日本内分泌学会、日本骨粗鬆症学会、
日本甲状腺学会、 日本人間ドック学会
谷口 誠治 医師  
山田 紗矢加 医師  
奥山 牧夫 名誉院長
(昭和36年卒)
医学博士
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医、
日本糖尿病学会専門医、
日本糖尿病学会研修指導医、
日本糖尿病学会功労学術評議員、
日本糖尿病協会理事、
日本内分泌学会功労評議員、
日本病態栄養学会評議員
このページの先頭へ戻る