地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。
ホーム > 診療科等のご案内 > 外科 > 乳がん検診のすすめ

乳がん検診のすすめ

乳がんは年々増加し女性のがんの中で最も多いがんとなりました。 閉経前の30歳代から罹患率は高くなります。 しかし、乳がんが見つかっても早期に治療すればより高い確率で完全に 治すことができます。 

乳がんは自己検診ができる唯一のがんと言われています。 早期発見の秘訣は「自己検診」の習慣を身につけることです。 そして、「乳がん検診」を定期的に受けることにあります。 このため30歳になったら乳がんの自己検診を行い、また40歳以上の方は 定期的にマンモグラフィ検診を受けることが大切です。  

稲沢市民病院では、乳がん専門医による乳腺外来を行っています。 マンモグラフィ検診施設画像認定施設であり、マンモグラフィ専門の女性技師による撮影を行います。

万が一、がんと診断された場合でも、熟練した専門医による治療、がん薬物療法認定薬剤師による抗がん剤やホルモン治療など薬剤に関する詳し い説明、がん性疼痛認定看護師によるがんや痛みについての相談が受けられます。安心してご受診ください。

乳腺外来は初診でも予約して頂けます。パンフレットも取り揃えておりますので、是非ご利用ください。 ご予約は、外科外来 まで(平日14時から16時)

《乳腺外来》

診察日 担当医師 診察時間
毎週火曜日 久納医師 14:00〜16:30
毎週木曜日 尾上医師 14:00〜16:30
安藤医師 9:00〜12:00

*要予約 電話(0587)32−2111

乳がん検診の流れ

このページの先頭へ戻る