地域のみなさまにしたしまれ、信頼される病医院として…稲沢市民病院[愛知県稲沢市]は2014年新病棟に移転しました。

薬剤部

  1. 理念・基本方針
  2. 調剤
  3. 注射薬調剤
  4. 薬品管理
  5. 病棟活動
  6. 医薬品情報
  7. 製剤
  8. 医療安全管理室での活動
  9. チーム医療について
  10. 院外処方せんについて

理念

「薬あるところ、薬剤師あり」

基本方針

  1. 迅速・正確な調剤は、薬剤業務の基本と考えます。
  2. 患者さんの立場に立って薬の相談に応じます。
  3. 各自の専門性を生かし、チーム医療に貢献します。
  4. 有効で安全な薬物療法を提供します。
  5. 病棟活動を積極的に行います。

 薬剤部目標 「適切な薬物療法の推進」

調剤

患者さんの薬を処方せんに基づいて調剤をしています。

処方オーダリングシステムを導入していますので、診察室で薬の内容をコンピュータに入力すると同時に、薬剤部調剤システムにデータが送られます。

その際に薬の飲み方や投与量、また他の診療科と同じ薬が処方されていないか、飲み合わせに問題がないかをチェックしています。常に安全な薬物療法を提供しています。

このページの先頭へ戻る

 

注射薬調剤について

注射薬調剤

入院患者さんにはオーダリングシステムにより印刷された注射処方せんによる個人別セット渡しを実施しています。調剤業務と同様に部内のシステムにより、点滴注射や皮下注射といった注射手技の確認、薬品の用量や薬同士の相互作用のチェックなどを行っています。また一部注射薬の混注業務も行っています。

注射薬混注(TPN調製)

入院患者さんを対象に無菌的に注射薬の調製を行っています。無菌操作を行うことで患者さんが安心して点滴が 受けられるようになります。

注射薬混注(抗がん剤)

抗がん剤の調製には、細心の注意が必要とされています。無菌的な操作をはじめ患者さんの状態から用量を決めることも多く、薬剤師によるチェックが特に必要です。安全キャビネットを使用して抗がん剤の調製を行っています。
また、2017年11月より抗がん剤調整システム(ケモロード)を導入しました。 ケモロードによる、投与量の計算・医薬品のバーコード認証・電子天秤を利用し、調整時の人為的なミスの防止を図っています。

このページの先頭へ戻る

 

薬品管理

医薬品や消毒薬など病院にあるすべての薬について在庫管理システムによるバーコード管理を行っています。

保管・温度などの品質管理や製造年月日や使用期限を把握し、無駄のない在庫管理を実施しています。

 

 

このページの先頭へ戻る

 

薬剤管理指導(病棟活動)

入院している患者さんのベットサイドに訪れ、お薬の内容について説明に伺うことがあります。

これは、正しくお薬を飲んでいただくばかりではなく、副作用があるか、また他の病院や町の薬局でもらってみえる薬があるかなど調査したりします。注射薬との相互作用など薬に関るすべてのことについて薬学的な立場からチェックしお話をさせていただきます。

これらの情報は、医師や看護師をはじめ他の医療スタッフと連携して、より安全な薬物療法を提供しています。

このページの先頭へ戻る

 

医薬品情報(DI:Drug Information)

日々更新される医薬品情報を適正に管理し、医師をはじめ医療スタッフに迅速に提供しています。

病院内のネットワークを利用し、情報の共有化を図っています。

 

 

 

このページの先頭へ戻る

 

製剤(院内製剤)

院内製剤は、市場には販売されていませんが、臨床上有効であるといわれている製剤です。

医師の依頼によって調製しています。院内製剤には軟膏剤、水剤、点眼薬、点鼻薬、消毒剤など色々あります。必要に応じて滅菌処理を行っています。

 

このページの先頭へ戻る

 

医療安全管理室での活動

病気、けがを治すために人は病院に掛かります。しかし、ごくまれにではありますが、治療中の予期せぬ事故により、治療が長引いたり、障害が残ったり、あるいは死に至るといった「医療事故」が起きています。

当院では、安心して安全な治療を受けていただけるよう、「医療安全管理室」を設置しております。医薬品に関連するトラブルは、医療事故の半数近く起きていると言われています。医師、看護師らと協力して、薬剤師も医療事故発生の防止のために活動しています。

このページの先頭へ戻る

 

チーム医療への参加

チーム医療は医師、看護師をはじめ他の医療スタッフとともに、職能を十分に活かすことでよりよい医療を提供することができます。薬剤師がその一員となっているチームには以下のようなものがあります。

1. 栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

NSTの中で薬剤師は主に、静脈栄養・経腸栄養が適切なバランスで投与されているかをチェックしています。

医師、看護師、栄養士、検査技師等お互いの職能を発揮し情報共有することで、患者さんの栄養環境の向上に努めています。

2. 感染防御対策チーム(ICT:Infection Control Team)

現在の感染対策は日々変化し続けています。医師、看護師、検査技師、薬剤師、施設管理など 様々な職種からなるチームにより、様々な角度から分析、検討を行い、情報の共有化を図ると同時に、適切な手技・手法の管理に努めています。

3. 緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team)

がんによって起きる痛みなどの様々な症状を早期に和らげることを目的に、医師、看護師、薬剤師から成る緩和ケアチームで活動しています。

週1回(毎週火曜午後)の回診に同行し、薬学的観点から意見を伝え、医療用麻薬などの薬剤が有効かつ安全に使用できるよう支援しています。

4. 糖尿病療養指導チーム

糖尿病患者さんに対して糖尿病という病気をより理解していただくために5日間の糖尿病教室が開催されています。その中で薬剤師は糖尿病の薬について講義します。

入院患者さんに対しては個別の療養指導を行い、糖尿病に対する理解向上に努めています。

このページの先頭へ戻る

 

院外処方せんについて

原則「院外処方せん」を発行しています。発行された「院外処方せん」を院外薬局へ持っていくことにより、薬をもらうことができます。但し、「院外処方せん」の有効期間は発行日を含めて4日間と定められています。

 

このページの先頭へ戻る