平成27年度 稲沢市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 161 105 124 177 308 418 785 1217 918 262
当院は、地域の基幹病院として幅広い年齢層の患者さんを診療しております。
特に60歳以上の患者さんの割合が多く、全体の約70%を占めています。
また、80歳以上も全体の25%超となっており、近年の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術あり 82 4.21 5.68 1.21 65.41
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 終夜睡眠ポリグラフィーあり 66 2.00 2.07 0.00 64.52
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1.2なし 副傷病なし 37 22.30 18.30 8.11 85.41
入院に関しては心房細動を中心とした不整脈に対するカテーテルアブレーション手術、心不全治療、急性冠症候群(心筋梗塞、狭心症)による入院が多くを占めております。
循環器疾患予防も重要視しており、その中でも近年、睡眠障害と循環器疾患の関連が指摘されており、睡眠時無呼吸症候群評価のため積極的に行っている睡眠ポリグラフィー検査入院が年々増えております。
当院の心不全入院期間は他病院と比較してやや長い傾向にあるのは、超高齢な患者さんが多く存在することや、再発予防のため心臓リハビリテーション、すなわち運動、食事、睡眠を中心とした生活指導かつ実践を入院中に徹底して行っていることによると思われます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術あり 処置2なし 副傷病なし 31 14.03 10.93 0.00 75.68
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置2なし 副傷病なし 18 10.89 9.17 0.00 70.17
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2化学療法あり 副傷病なし 16 23.50 6.67 6.25 72.44
【胆管結石・胆管炎】 総胆管結石は心窩部痛や肝障害、発熱などの症状で、急性胆管炎を伴うことが多く、敗血症を合併する場合には速やかに胆管ドレナージ術などの処置が必要です。当院では可能な限り内視鏡による結石除去、ドレナージ術を行っています。処置時間は30~60分です。
【腸閉塞】 腸閉塞の原因は手術後の癒着や腫瘍、血管性など様々です。強い腹痛や嘔吐を伴うことが多く、原因を究明し、それに応じた治療を行う必要があります。緊急で入院となる場合が多く、一般的にはイレウス管などの管を挿入します。
【胃癌化学療法】 進行胃癌に対して、手術の適応がなかったり、術後の再発などに対して抗がん剤による化学療法を行います。当院では院内で決められたレジメンを用いて、外来通院で行う方法と入院して行う方法を患者様の全身状態によって柔軟に使い分けて施行しています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 110 12.52 15.35 1.82 63.76
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置2なし 副傷病なし - - 14.20 - -
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1.2なし 副傷病なし - - 6.55 - -
食の欧米化、運動不足、過体重を背景に2型糖尿病が増加しており、これに伴い入院患者が増加しております。また、糖尿病放置、コントロール不良のため、著しい高血糖となり、糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン性昏睡の入院も増加しております。内分泌領域では2次性高血圧の代表である原発性アルドステロン症の検査入院のため、副腎腺腫の病名が増加しております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術.処置2なし 209 11.82 14.34 3.82 72.96
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 86 26.58 21.69 10.47 85.27
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 54 7.59 5.50 0.00 57.24
高齢者では細菌性や誤嚥性の肺炎が増加しています。
当院での同疾患の治療は、大学から応援に来ていただいている呼吸器科医師に相談しつつ、その診療にあたっています。しかし、重症化により対応困難な場合は、呼吸器専門病院に紹介させていただく場合もあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 69 5.28 5.72 0.00 4.77
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 18 4.50 5.50 0.00 3.39
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 5.55 6.31 0.00 4.36
当科の入院患者は、年齢や重症度を考えれば外来通院より入院加療の方が望ましい市中肺炎などの呼吸器感染症、感染性胃腸炎や喘息などが多数を占めています。多くは近隣の開業医さんからの紹介患者です。当院は、稲沢市内の数少ない小児の有床病院であり、地域の病院として時間の許す限り対応しようと考えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術あり 68 3.59 5.14 0.00 64.65
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍  手術なし 処置2パ二ツムマブ等あり 副傷病なし 50 4.24 4.53 0.00 61.36
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2ベバシズマブ等あり 副傷病なし 28 4.82 4.51 0.00 58.68
当科では、消化器、乳腺・内分泌、呼吸器、一般外科などの幅広い領域で、手術療法を中心とし、癌に対する全身化学療法を含め、ガイドラインなどに基づいた総合的な治療を行っています。対象症例が多い鼠径ヘルニアの手術例が最も多く、結腸直腸癌などに対しては低侵襲手術の鏡視下手術を推進していますが、進行した症例に対しては癌化学療法を行っており、治療成績が向上しているため症例が増加しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭手術等あり  51 27.47 28.70 56.86 83.20
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 29 4.69 5.70 0.00 64.48
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他手術あり 18 24.22 20.64 55.56 81.39
高齢者の骨粗鬆症にともなう大腿骨近位部骨折、前腕骨遠位骨折の症例が多くなっています。手術後の状態が安定すれば近隣の回復期リハビリテーション病院へ転院していただくか、または在宅復帰に向けて当院の地域包括ケア病棟で日常生活動作改善のためのリハビリテーションを積極的に取り組んでもらっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 120 5.77 5.31 0.00 65.37
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 42 8.62 8.20 0.00 16.48
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 40 6.03 5.53 0.00 34.58
前庭機能障害は、内耳付近から起こるめまい(良性発作性頭位眩暈症、メニエル病、前庭神経炎など)です。脳や心臓、心理的なめまいは他の科になります。
扁桃・アデノイドは、扁桃炎を繰り返す場合や、主に小児の睡眠時無呼吸に対し、扁桃やアデノイドを摘出する手術のための、約1週間の入院です。
急性の扁桃炎・扁桃周囲膿瘍などで点滴加療する場合もあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり(片眼) 125 2.37 3.01 0.00 75.14
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり(両眼) 17 11.24 8.42 0.00 74.88
020130xxxxxxxx 原田病 - - 16.78 - -
白内障手術(水晶体再建術)を主に行っています。
クリニカルパスを使用し、入院にて安全な医療を心がけています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし  15 10.47 11.97 6.67 72.53
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 8.08 8.97 0.00 67.69
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.84 - -
【急性膿皮症】 丹毒などの細菌感染による蜂窩織炎の抗生剤治療を行っています。
【帯状疱疹】 抗ウイルス剤による治療を行っています。
【その他の新生物】 局所麻酔で行う皮膚悪性腫瘍の切除、再建を行う手術を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤、不安定椎 手術あり 手術・処置2なし 67 15.10 18.44 0.00 69.28
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2エダラボンあり 副傷病なし 65 21.34 18.08 35.38 72.63
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 副傷病なし 49 23.92 21.52 20.41 79.41
当科では、脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患を主に診療を行っていますが、一般脳神経外科治療もすべてに対応しています。
また、O-arm、ナビゲーション(Stealth Station S7 Surgical Navigation System)などを使用した高度な医療(手術治療)も行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1前立腺生検あり 57 3.60 2.72 0.00 72.11
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術あり 手術・処置等1なし 副傷病なし 48 2.48 2.89 0.00 54.77
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 24 7.88 7.59 0.00 71.71
当科では、腎・尿管・膀胱と前立腺・精巣などの尿路及び男性生殖器の疾患を対象とします。腰椎麻酔下に前立腺生検、経尿道的膀胱腫瘍・前立腺切除術をクリニカルパスを使用し、効率的かつ安全な医療を提供できるように努めています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - 44 - 20 1 7
大腸癌 16 16 29 35 11 149 1 7
乳癌 12 13 - - - 12 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 13 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の再発や進行癌で切除不能の場合は化学療法(抗癌剤治療)となります。大腸癌の化学療法は投与時間が長く、併用薬剤の種類も多くなっています。
当院では、頻回の通院が困難な高齢者、身体障害者、副作用が高度の方々は入院で治療を受けていただくこともあります。
大腸癌の再発患者数が多くなっているのは、繰り返し入院で抗癌剤治療を受けておられる患者さんが多いためです。
安心して治療が受けられるよう対応しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 40 7.33 44.40
重症度 1 53 12.79 75.32
重症度 2 43 11.86 82.72
重症度 3 36 18.53 85.64
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
当院で治療している肺炎では、軽症から中等度の患者さんが多い状況です。
平均年齢にあるとおり、高齢者ほど重症化しやすい傾向がありますので、当院では早期診断、早期治療を心がけています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 85 26.36 75.84 45.53
その他 11 19.91 67.91 27.23
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院では、発症より3日以内の症例が大半を占めています。脳梗塞は麻痺等による機能障害が残るため、機能回復のためにリハビリテーション病院等へ転院する患者さんが多く、転院率も高くなっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 43 1.49 2.40 2.32 65.79
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 39 1.08 1.38 2.56 65.00
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 21 1.00 5.14 0.00 69.67
当院では発作性または持続性心房細動やその他の頻拍性不整脈、心室性期外収縮などに対しては積極的にカテーテルアブレーションを行っております。また不安定狭心症や急性心筋梗塞(急性冠症候群)に対してはすみやかにカテーテル治療を行い早期に退院しております。
経験豊富な医師が診断、カテーテル手術を行い、心臓冠動脈CT、MRI、3次元ナビゲーションシステムなど病態評価手段が近年格段に進歩していることで、カテーテル治療の確実性、安全性が年々高くなっており、当院でのカテーテル手術の治療時間や入院期間は年々短くなっております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 5.16 18.25 3.12 76.88
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 20 11.80 11.35 5.00 69.50
K654 内視鏡的消化管止血術 15 0.47 9.27 6.67 67.53
【内視鏡的胆道ステント留置術】 膵癌や胆管癌などによって閉塞性黄疸を来した場合には、何らかの方法で黄疸を軽減する必要があります。当院ではまず内視鏡的にプラスチックステントやメタリックステントを留置することにより減黄を行っています。
【胸水・腹水濾過濃縮再静注法】 肝硬変やがん性胸・腹膜炎によって胸腹水が多量になる場合に、利尿剤の治療ではコントロールされなくなった場合に、胸腹水を2~5L採取し、濃縮して電解質やアルブミンなどを再静注する方法です。
【内視鏡的消化管止血術】 胃潰瘍や十二指腸潰瘍、食道静脈瘤からの出血に対し、内視鏡的にクリップ、止血鉗子による凝固、アルゴンプラズマ凝固、結紮などの方法で止血します。大腸からの出血に対しても緊急で内視鏡的止血を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 68 0.68 1.85 0.00 64.03
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 30 1.40 4.00 0.00 57.77
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 22 2.14 10.55 0.00 60.50
対象症例の多い鼠径ヘルニアの手術では局所麻酔下の手術、胆石症などには腹腔鏡下の手術などと、体に負担の少ない手術を行い早期退院や早期の社会復帰ができるように努めています。増加している女性の悪性腫瘍の乳癌では、病巣の広がり診断など精密検査を行い適切な手術治療を目指すとともに、温存手術や術後の追加治療などで患者さんのご希望を考慮し治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 41 2.17 19.27 43.91 80.41
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 37 2.16 11.76 8.11 62.92
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 27 1.26 16.33 29.63 75.89
高齢者の骨粗鬆症にともなう大腿骨近位部骨折、前腕骨遠位骨折の症例が多くなっています。
転院率が全体的に高いのは、手術後の状態が安定したあとは近隣の回復期リハビリテーション病院へ転院する患者さんが多くいたためです。平成28年3月に地域包括ケア病棟ができましたので、当院でも今まで以上に、在宅復帰に向けて日常生活動作改善のためのリハビリテーションを積極的に取り組んでもらうことができるようになっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 40 1 6.73 0.00 16.58
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K331-3 下甲介粘膜レーザー焼灼術(両側) - - - - -
扁桃炎を繰り返す場合や、主に小児で睡眠時無呼吸を解消するために、扁桃摘出術を行います。
鼓膜の奥が換気しにくくなり水がたまる滲出性中耳炎に対して、小児では全身麻酔下で鼓膜チューブ挿入術を行います。
アレルギー性鼻炎の鼻詰まりを解消するため、鼻の粘膜をレーザーメスにて手術する場合があります。鼻中隔(鼻の中央の壁)の弯曲や副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)がある場合などは、別の手術を行います。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ(片眼) 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの(片眼) 125 0 1.37 0.00 75.14
K2821ロ(両眼) 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの(両眼) 17 0 10.24 0.00 74.88
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
白内障手術(水晶体再建術)を主に行っています。
クリニカルパスを使用し、入院にて安全な医療を心がけています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上 - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 - - - - -
手術は、当日入院の局所麻酔で行っており、脂肪腫、アテロームなどの6cmを超える皮膚皮下腫瘍切除術や、
基底細胞癌、有棘細胞癌などの切除、再建手術を行っています。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 106 2.15 17.03 1.89 68.35
K1342 椎間板摘出術 後方摘出術 35 1.29 11.91 2.86 61.03
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 29 2.45 18.69 3.49 65.48
当科では、脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患を主に診療しており、それらの手術が上位を占めています。
O-arm、ナビゲーション(Stealth Station S7 Surgical Navigation System)など高度な医療器具を揃えており、正確な脊椎固定術、高度な減圧術などを多く手掛けております。
また、ここには挙がっていませんが、一般脳神経外科治療もすべてに対応しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 48 0.25 1.23 0.00 54.77
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 23 1.13 6.00 0.00 72.04
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 14 2.21 8.21 0.00 76.29
腎・尿管結石に対しては体外衝撃波破砕術を施行し、膀胱癌・前立腺肥大症に対しては経尿道的手術を施行しています。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.22
異なる - -
医療の質改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして挙げられている疾患群の集計です。全体的に比較的低値に抑えられています。
播種性血管内凝固症候群は、重篤な状態ですが、早期に診断し対処するようになり、治療成績が向上し救命できる症例が増えています。手術・処置などの合併症はいずれも重篤なものではありませんでしたが、今後も少しでも改善できるように取り組んでまいります。

※ 「180040 手術・処置等の合併症」の傷病名内訳:後出血、術後創部感染、術後異物体内遺残、吻合部狭窄、人工股関節脱臼、カテーテル感染、麻酔ショック、造影剤ショック
更新履歴
2016/09/29
平成27年度 病院指標公開